初期ドメインをNot Foundにする [さくらインターネット]

最近、さくらインターネットで独自ドメインを新規公開する場合、無料SSL(https)で公開するパターンが多くなってきました。(お勧めしているので当然ですけどw)
もちろん、統一URLの正規化をしますが、
その前に忘れていけないのが初期ドメイン=サブドメインです!

通常、さくらインターネットで、独自ドメインを運用すると、
初期ドメイン=サブドメインと、独自ドメインの両方でアクセス可能です(当然、wwwありなし/indexありなし/httpsのSありなし/canonical/の正規化としてデフォ設定します)
そして、マルチドメインで運用しているのに、初期ドメイン経由のディレクトリから、独自ドメインのウェブサイトも表示できます。

まあ、マルチドメインの場合には、制作者が任意でディレクトリを設置するので、ディレクトリ名を知らない一般ユーザーからアクセスしようが無いのですが、検索エンジン(Googleなど)が誤ってインデックスしてしまうと、多くのユーザーがサブドメイン経由でアクセスしてしまう可能性もあります。
これでは、独自ドメイン側を正規化しても、初期ドメインのせいでマイナス効果になりますね。

初期ドメインのルートディレクトリから、.htaccessで、Denyにしておけば403=Forbiddenになるので、簡単だしこれだけでもOKなのですが、(今まではこの403にしていました)
ストーカーのようなユーザーだと、Forbiddenページを見て(自分だけが拒否られたと)逆ギレする例もあるようです・・・

元々何も無かったことにすれば済む話なので、
403ページよりも、404ページにした方が良いでしょう。という方向性です。

ところが、404.cgiを設置し、
ErrorDocument 403 /404.cgiと書いて、404ページに誘導すると、
404が表示されるどころか403で、それもいつもの403と違うw
Forbidden
最後の3行目が、
Additionally, a 403 Forbidden error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.
つまり、
「あのさぁ、404を指定しているから表示しようとしたら、404自体を拒否ってるからループじゃねーか! アホか」とサーバーが怒っているのです・・・
初期ディレクトリのトップディレクトリ(www)を拒否っているので、そこにある404.ファイルも拒否しちゃっているのです・・・当然の事ですよね、あららぁw

初期ドメインを404表示にする

では、どうすれば良いのか?
404.ファイルだけを除外してallowにするか、
下層にallowのディレクトリを別途作って、404.ファイルを配置する。⇐ これがベターか。

www/.htaccess(A)
   /error/.htaccess(B)
   /error/404.cgi
  1. .htaccess(A)は、独自ドメイン以外はdenyにする
    つまり、初期ドメインは表示されない。
  2. .htaccess(B)は、allowにする
    つまり、404表示を許可させる。
    ErrorDocument 403 /error/404.cgi
    ErrorDocument 404 /error/404.cgi

これで、初期ドメインへのアクセスが404表示になります。
気にるアクセス時のURL(アドレスバー表示)は、/error/などのディレクトリ名を表示せず、アクセスしたURLで表示されるので、どの下層ディレクトリに設置しても何ら問題ないです(但し、404.htmlファイルだとNGだった筈なので、404.cgiにして内部にErrorDocumentを記述しています)。
それなら別途の/error/を設置せずに、独自ドメインのディレクトリでも良いのですが、独自ドメイン用の独自404を設置するべきなので、この案は却下です(ファイル名を変えれば良いのですが、混同してミスを誘発してしまう可能性もあるから)。

この設定、今後もドメインの初期設定として採用決定です!
注意点は、
ErrorDocument 403 /404.cgiと指定するのはルート違いなので、怒られるw


車のメンテ

2018/11/30 このまま激務の流れで師走突破か?と思いきや、クラさん待ちのスポットが出来てしまいましたので、正月にでもやろうと思った車のメンテを前倒しでやっちゃいました。

  1. ユアサのバッテリー(ECO.R)に交換
    もうそろ寿命でしたので、評判の良いユアサのバッテリーを購入済み。
    ユアサのバッテリー(ECO.R)
    スタンドや整備工場だと3万近くしますが、Amazonなら半額で。
    これで冬の渋滞でも安心です。
  2. エンジンスターター(ユピテル DE021A)の電池交換
    ONでもエンジンがかからない。赤ランプは付くが、電池でも弱ってるのか?
    もしかして、初期設定がリセットされたのかも?
    まあ1年以上経ってるし、100均でボタン電池(CR1616)を買ってきて、
    確かこれはパコンと外れないタイプと思い込んでいて、
    2箇所のネジを外そうとネジを見たら、十字じゃない・・・
    ユピテル DE021A
    3ウイング/Y字ってやつじゃないか!
    まあ、スマホ用の特殊ドライバーセット(星型とか色々ある)で大丈夫!と思ってそのセットを見たら、コレがない・・・
    あれれ? 前回はどうやって開けたか全く記憶が無い・・・
    とりあえず、
    隙間に千枚通しドライバー突っ込んだら、電池がポロンと取れた_/ ̄|○

インテリジェントキーの記憶と被ったか・・・
本日の教訓: 悩むより、まず行動!

追記: 今回は使わなかったけど、Y字用ドライバーを買った記憶があり、
どうしても気になって、Amazonの購入履歴を確認してみたら、
Y字用ドライバー
持ってました・・・ どこかにあるはずですw


顧客満足

先日、車検でした。 3台にわたり7〜8回目ぐらいのいつもの工場です。

以前に、リアワイパーが壊され変な方向に動作・・・(気になるけど、もう放置でw)
時期的にタイヤに交換しようと、ハッチにスタッドレスタイヤを積んでいた。(料金次第ではやってもらおうか)

受付で、車検の説明など手続きをしている間に、車は整備工場に運ばれ事前チェック。
受け付け後に工場内に案内され、整備担当の若いお兄ちゃんから、不良箇所や交換液関係の確認が行われました。

オイル/エレメント/エアフィルターなどで、約1万円の他に、
右前輪の車軸周囲のパーツ交換で32,000円の大出費!(高速走行でもブレないのに) なので今回は下回り塗装のオプションは無しにするか・・・
基本料では10万円以下なのに、やっぱ10万円超え(まあ想定内)

その際に、気になっていたリアワイパーが緩んでいる事と交換用タイヤの事を先に指摘され、軽く説明したら
「ついでにやっときましょうか?(満面の笑顔」と、
「今回は出費が多いから自分でやりますよ」と返すと、
「あ、そういう意味じゃなく、ついでの作業だから無料サービスで」と!
なんという神対応!
顧客の心理を覗いているのでしょうか。これぞ顧客満足!

以前に、ブレーキパッド交換で不調⇒再調整がありまして、
近所にも安くて評判の良い車検工場に浮気しようかと思ったこともありますが、
やはり次回も頼みます! こういう恩は忘れない。

ちなみに、代車でアイドリングストップ車を借りましたが、
これって信号の度に気になってストレス・・・ 交差点進入停止からの右折とか不安ですw


Thunderbird 60.3.1

2018/11/24 昨日、Thunderbird 60.3.1に更新し、
さっき気づきましたが、2アカウントのフォルダ配列が上下逆になっていた。

昨朝にスリープだったPCが立ち上がらないのが、停電だったことにホッとしていましたが、
その影響もあるのかどうかは知るよしもなく、まあ、並べ替えれば良い話で、
アドオンのManually sort foldersを立ち上げると、フォルダが表示されない・・・
やってくれましてね。Mozillaさん

Launch another profileは動くから助かったけど、どうしたもんか。


SSL www無しに301リダイレクト [さくらインターネット]

2018/11/16
さくらインターネット×Firefoxの環境で、
SSLのhttps: が「www有り ⇒ www無しにリダイレクト出来ない」というネット報告を見まして、不具合の理屈になるほどと納得しつつも、マルチSSLなのにそれはおかしい。(さくらインターネットかFirefoxが設定を見直さなくてはいけないです)
www有りは正規化出来ているのにwww無しが出来ないのは変ですね。 訂正:前回迄のSSLは、wwwをサブドメイン扱いし、登録とDirectoryを分ける細工で301リダイレクトしてたw
なんて面倒な事をしてたんだろう・・・

さくらインターネットのSSL(Let's Encrypt)が無料で使えるようになったので、今後はオススメNO.1サーバーにしようと思っていたので、そのデメリットだとNGですね・・・

で、さくらインターネット×新規独自ドメイン×www無し設定の件があったのでお試し。
確かに、以前の設定だとリダイレクトされないのかもしれませんが公式によると、
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$ の追加コードも必要です。
www無し 301リダイレクト
https: www無しに正規化できました。

  • http://example.com
  • http://www.example.com
  • https://example.com
  • https://www.example.com

問題のFirefoxでも他でも問題なく301リダイレクトされて正規化できました。
もちろん、更にindex.html 無しの設定も追加しました。

新規サイトは、Google側でも統一登録しよう!

正規化で301やcanonicalは必要ですが、その前にGoogleの認証が先に必要ですから、301リダイレクト前にGoogleで認証してから、ウェブサイト側の301リダイレクト(.htaccess)の設定をしなければいけません。 (リダイレクトされると認証できないでしょうから・・・)

SSLも含めると、矛盾の無いように他3つのURLをGoogleのプロパティで登録設定が必要です(1箇所で同時に設定できるようにして欲しい ⇒ Googleではテスト的に統一システムを試しているらしい) 現時点で、S付きSSLのURLはGoogle設定に表示されていませんけどねw
Google www有り/無し設定


YouTube終了時の関連動画の非表示タグが改悪

2018/11/11(sun) 朝までWebってますw

ウェブサイトに、YouTubeをiframeで貼るのは良いのですが、
YouTubeの再生終了後に、別の関連動画が映し出されるのは痛いですよね・・・
以前は、オプションや?rel=0タグなりで非表示にしていたのですが、
あれ? 表示されている!
YouTube公式によると、Googleさんの方針で効かなくされてしまったようです・・・

<dd class="frame-wrapper__video">
<iframe width="560" height="315"
src="https://www.youtube.com/embed/〜〜?rel=0"
frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen>
</iframe>
</dd>

/* CSS YouTube 幅100%レスポンシブ */
.frame-wrapper__video {
position: relative;
width: 100%; height: 0;
padding-bottom: 56.25%;
overflow: hidden;
margin-bottom: 50px;
}
.frame-wrapper__video iframe {
width: 100%; height: 100%;
position: absolute;
top: 0; left: 0;
}

ついでに上記のCSSは、YouTube レスポンシブ100%表示の例です。