FIFA World Cup 2018 日本.vsベルギー

2018/7/3 W杯ロシア大会 決勝T ラウンド16(4戦目)
日本 2 - 3 ベルギー

FIFA World Cup 2018
FIFAランク3位 ヨーロッパの強豪ベルギー
(欧州予選を9勝1分、43得点/6失点という恐ろしい実力)

GLでコロンビアに2度も助けられ、W杯3度目の決勝T進出した日本
日本は、前戦休養したスタメンに戻し、ベスト8を目指した。

前半は、パスミスからの攻撃を仕掛けられ防戦一方、いつ失点してもおかしくない状況でしたが、FWルカクの攻撃や枠外シュートも助かり、何とか無失点しのぎ切った感じ。

  • 後半 3分 原口 1点先制! 1-0
    柴崎からのスルーパスを相手DFがタッチミスで流れたところに、右サイドを全速力で駆け上がった原口が回り込んでフェイントしてから、右足を振り抜き、低い弾道でGKの横っ飛びも届かずゴール左隅に突き刺さり、待望の先制点!
  • 後半 7分 乾 1点追加! 2-0
    乾がPA内に浮き球を送る、コンパニが弾いたクリアボールを香川が拾って乾に預けた。乾はPA外の中央から右足を振り抜き、無回転で飛んだ強烈なシュートはゴール右下に綺麗に突き刺さり、追加点!
  • 後半 24分 1失点 2-1
    クリアボールに反応したベルトンゲンがPA左からヘディングでゴール前に、高く上がったボールはゴールの右隅にふわっとそのまま吸い込まれた不運なゴールで、1点を返される・・・
  • 後半 29分 1失点 2-2 同点にされる
    左サイドから左足でクロスを上げられ、交代した長身長のフェライニが、長谷部と吉田に挟まれながらもゴール前で高い打点からドンピシャのヘディングシュート GK川島の左手をかすめるようにゴール
  • 後半 49分(アディショナルタイム:4分)
    1失点 2-3 逆転される
    一進一退で、このまま延長になるかの状況
    コーナーからの惜しい攻撃をかわされ、ドリブル中央突破のカウンターを食らいDFが追いつけずパスを通された。1列目2対2のようなな状況でサイドからグラウンダーのクロスを送られ、真ん中に突っ込んできたルカクがスルーすると、右サイドに2列目から突っ込んで来たフリーのシャドリがしっかりとゴールに蹴り込み、痛恨の失点・・・ 残り時間なし

前半の防戦とはまるで違うチームのように、パスと攻撃が繋がるようになり2得点
その後も、良いリズムのまま互角に進んでいたが、ヘディングのゆるいクロスがそのままゴールに入る不運から、リズムがベルギーに流れた。
この1失点から落ち着かずに浮足立ってバタバタしていた(この時点で采配は守備に切り替えじゃないのか? 何故、ゆっくりボール回しが出来なかったのか?)

後半20分のベルギーの攻撃的な交代で長身からのヘディングシュートで同点になった時点で、日本の集中力が完全キレたと思われ、これはW杯を勝ち慣れていない経験不足。
日本と違って、ベルギーの控えがハイレベル過ぎw
試合巧者のベルギーに3連続得点されて、日本は何か自爆するように勝ちを逃したイメージの試合でした・・・

2得点を守り抜けなかったのが、実に惜しい 惜しすぎた!
夢のベスト8まで、あと1歩でした・・・
このW杯では、一番良い試合でした! お疲れ様でした。


FIFA World Cup 2018 日本.vsポーランド

2018/6/28 W杯ロシア大会 最終節(3戦目/GL最終戦)
日本 0 - 1 ポーランド

FIFA World Cup 2018
FIFAランク8位 ヨーロッパの強豪ポーランドですが、既に2連敗でGL敗退決定済
日本は、引き分け以上でGL突破 スタメン6人変更しフレッシュで挑んだ。

  • 59分 1失点 0-1
    セットプレーからポーランドのヤン・ベドナレクが先制

同時開始の セネガル 0-0 コロンビア 同点
日本は、このまま負ければGL敗退の場面でしたが、コロンビアが74分に1点先制

この時点で、残り16分
1位 6点 コロンビア
2位 4点 日本(イエロー暫定4枚)
3位 4点 セネガル(イエロー暫定6枚)

このままなら同点ですが、フェアプレーポイントの差でGL突破
しかし、セネガルが得点して同点に追いつけば、日本はGL敗退。
あと10分程度を残し、究極の選択で、攻めずに守り抜く戦法に変更。
(もし、セネガルが同点に追いついた場合は、日本が最後の猛攻を仕掛ける作戦か)
ブーイングの中、時間を稼ぐため終始ボール回し。

なんなく、このまま0-1で終了し敗戦、セネガルも0-1のまま敗戦
他力本願という不本意な作戦で、2位を確保した(1勝1敗1分)
2大会ぶり3回目 決勝T進出 おめでとう!

7月3日(火)午前3時 決勝T1回戦
G組1位(イングランド.vsベルギーの勝者)と対戦する。


W杯 日本 GL突破の条件 グループH

2018/6/25 W杯ロシア大会 第二節終了時
日本は、1勝0敗1分 勝点:4
前評判では、日本の3戦全敗との予想も多かったのですが、番狂わせの結果です!
さて、GL最終戦はポーランド戦ですが、勝つか引き分けでGL突破です!
では、負けた場合は2位通過か3位敗退か、どうなるのでしょう?
非常に気になるでしょう(特にGL最終戦の後半〜)

W杯 日本代表のGL突破条件 グループH

W杯 日本代表の GL突破の条件
※1: 得失点差なので、セネガルと日本のどちらかが大差負けしたチームが予選敗退です!

同得点の場合は、該当チームの直接対決の結果が優先なのですが、セネガルvs日本は引き分けだったので、反則カード数の少ないチームがGL突破になるという非常に稀なケースも考えられます。
第二節終了時での反則カード数:
日本 イエロー:3 レッド:0
セネガル イエロー:5 レッド:0
(イエロー:1P イエロー累積退場:3P レッド:4P イエロー+レッド:5P)

引き分けでもGL突破ですが、引き分け狙いは危険です。
ドーハの悲劇の二の舞になってはいけません・・・
勝ち抜け必勝だと思って、何点でも奪う気で勝ちに行く姿勢が重要です!
2018年6月28日(木) 23:00 Hグループ同時開始

日本のGL突破予想率: 85%
「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」


FIFA World Cup 2018 日本.vsセネガル

2018/6/25 W杯ロシア大会 第二節(二戦目)
日本 2 - 2 セネガル

FIFA World Cup 2018
FIFAランク27位のフィジカル強いセネガル 日本は61位

  • 11分 1失点 0-1
    右サイドからのセンターリングがPエリア内の左に流れ、原口がヘッドでクリアーしたかと思ったが、サバリの足元に渡り直接シュート。キーパー川島がパンチングで弾くも前方1mに居たマネの足に当たって壁のように跳ね返ってそのままゴール
  • 34分 1得点 1-1 同点
    長友がPエリア左に走り込んで絶妙なトラップから交差する乾に預ける。乾の右足からファーサイド(右奥)へのコース狙いの低い弾道のシュートは、横っ飛びしたキーパーの手元をクロスするようにかすめる綺麗なゴール!
  • 71分 1失点 1-2
    左サイドから股抜きでゴール前に横パスを通され、ゴール前を横切るように軽くワンタッチで右サイドに流され、そこに走り込んできたワゲが強烈なシュート
  • 78分 1得点 2-2 同点
    大迫が右からゴール前にクロスを送るも、前に出たキーパーと岡崎が競り合った間に左サイドに流れた。左サイドにこぼれたボールを乾が走り込んでマイナスにゴロで折り返すと、またしても倒れ込んでいたキーパーと岡崎の直前を通過し、その横に待ち構えていた本田が、冷静にごっつぁんゴール!

日本はビハインドから追いつくという白熱したシーソーゲーム
1戦目よりもバランスよく素晴らし攻撃も多々あり、ほぼ互角のゲームでした。
最後の3戦目も期待できます!


FIFA World Cup 2018

2018/6/19 W杯ロシア大会 初戦
日本 2 - 1 コロンビア

FIFA World Cup 2018
コロンビアのエース:ハメス・ロドリゲスがスタメンを外れた。
3分 香川のシュートを腕に当てたサンチェスがレッドカードで退場&PK

  • 6分 香川がPKを決め1点先取
  • 39分 キンテロがFKを決めて同点
  • 73分 本田のコーナーキックを大迫が頭で決め 勝ち越し

下馬評ではコロンビアの圧勝でしたが、コロンビアはハメスが外れたのと、
開始早々にレッド退場&PK、10人になり自滅してくれました・・・
どこのチームもW杯初戦はぎこちないゲームになるし、
日本は、特に素晴らし攻撃をした訳ではないが、勝ちは勝ちです!


クールジャパン戦略

街にくりだすと、ここ数年は多くの外国人さんを見かけるようになりました。
クールジャパン戦略
日本の古典的文化と新しいジャンルの文化の融合でしょうか。
私達が当たり前の感覚で利用している商品やサービスなのに、
多くの外国人さんは、日本の文化/商品/サービスに感動しているようです。

ウェブサイトで商品やサービスを紹介している多くのクライアントさんの実情を見ると、
更に素晴らしい商品、匠な技や完璧なサービスを提供しています。

顧客満足の追求
当たり前の事をクールに提供する、理想通りの完璧なサービス。
これが本来のクールジャパンだと思います。