FIFA World Cup 2018 日本.vsベルギー

2018/7/3 W杯ロシア大会 決勝T ラウンド16(4戦目)
日本 2 - 3 ベルギー

FIFA World Cup 2018
FIFAランク3位 ヨーロッパの強豪ベルギー
(欧州予選を9勝1分、43得点/6失点という恐ろしい実力)

GLでコロンビアに2度も助けられ、W杯3度目の決勝T進出した日本
日本は、前戦休養したスタメンに戻し、ベスト8を目指した。

前半は、パスミスからの攻撃を仕掛けられ防戦一方、いつ失点してもおかしくない状況でしたが、FWルカクの攻撃や枠外シュートも助かり、何とか無失点しのぎ切った感じ。

  • 後半 3分 原口 1点先制! 1-0
    柴崎からのスルーパスを相手DFがタッチミスで流れたところに、右サイドを全速力で駆け上がった原口が回り込んでフェイントしてから、右足を振り抜き、低い弾道でGKの横っ飛びも届かずゴール左隅に突き刺さり、待望の先制点!
  • 後半 7分 乾 1点追加! 2-0
    乾がPA内に浮き球を送る、コンパニが弾いたクリアボールを香川が拾って乾に預けた。乾はPA外の中央から右足を振り抜き、無回転で飛んだ強烈なシュートはゴール右下に綺麗に突き刺さり、追加点!
  • 後半 24分 1失点 2-1
    クリアボールに反応したベルトンゲンがPA左からヘディングでゴール前に、高く上がったボールはゴールの右隅にふわっとそのまま吸い込まれた不運なゴールで、1点を返される・・・
  • 後半 29分 1失点 2-2 同点にされる
    左サイドから左足でクロスを上げられ、交代した長身長のフェライニが、長谷部と吉田に挟まれながらもゴール前で高い打点からドンピシャのヘディングシュート GK川島の左手をかすめるようにゴール
  • 後半 49分(アディショナルタイム:4分)
    1失点 2-3 逆転される
    一進一退で、このまま延長になるかの状況
    コーナーからの惜しい攻撃をかわされ、ドリブル中央突破のカウンターを食らいDFが追いつけずパスを通された。1列目2対2のようなな状況でサイドからグラウンダーのクロスを送られ、真ん中に突っ込んできたルカクがスルーすると、右サイドに2列目から突っ込んで来たフリーのシャドリがしっかりとゴールに蹴り込み、痛恨の失点・・・ 残り時間なし

前半の防戦とはまるで違うチームのように、パスと攻撃が繋がるようになり2得点
その後も、良いリズムのまま互角に進んでいたが、ヘディングのゆるいクロスがそのままゴールに入る不運から、リズムがベルギーに流れた。
この1失点から落ち着かずに浮足立ってバタバタしていた(この時点で采配は守備に切り替えじゃないのか? 何故、ゆっくりボール回しが出来なかったのか?)

後半20分のベルギーの攻撃的な交代で長身からのヘディングシュートで同点になった時点で、日本の集中力が完全キレたと思われ、これはW杯を勝ち慣れていない経験不足。
日本と違って、ベルギーの控えがハイレベル過ぎw
試合巧者のベルギーに3連続得点されて、日本は何か自爆するように勝ちを逃したイメージの試合でした・・・

2得点を守り抜けなかったのが、実に惜しい 惜しすぎた!
夢のベスト8まで、あと1歩でした・・・
このW杯では、一番良い試合でした! お疲れ様でした。


コメント

コメントを書く
お名前:

メール:

Web URL:

コメント: [必須入力]

認証コード: [入力必須] ※ 画像の文字を半角で入力してください。
認証 : 一二三

 ※ 承認されたコメントのみ表示されます。