Photoshop 画像保存時にフリーズ

Photoshopの「環境設定」(初期設定)を変更しようと、
「環境設定」をクリックするとフリーズしてしまう?
タスクマネージャーで終了させて再起動しても同じ現象になる・・・
そういえば最近、
WEB画像保存時に何度かフリーズしてしまった事があって、その時は複数ソフトの重複でメモリーへの負担掛け過ぎが原因かと思っていましたが、今思えば環境設定の保存ファイル(設定ファイル)の不具合が原因の可能性大!

対処方法は、
環境設定ファイルを初期化すれば良いのですが、
ツールに初期化ボタンなんてありませんw

Photoshopを起動させた瞬間に、
CtrlAltShift」キー(Windows版)を押下
Photoshopの設定ファイルを削除
「Adobe Photoshop 設定ファイルを削除しますか?」と表示されたら [はい] をクリック

これで大丈夫なはずです。
確かに、初期画面や環境設定の再設定は面倒でしょうが、
レタッチ完成後のフリーズは時間の無駄&ストレスです・・・
Photoshopの再インストールをも考えたら簡単な修復方法です。


画像加工:写真から人物を切り抜く

商品画像が汚いので、全商品の画像を綺麗に加工してイメージアップしたいという案件です。

チラシやウェブ画像などで、
商品や人物などが、モロに浮き出て違和感ある画像が多いです。
各あるレタッチソフトの切り抜きツールで、
切り抜いてから別の背景に乗せると浮いてしまいます。
これは被写体と背景の切り残しやフリンジがあるからで、このフリンジを綺麗に取り除き、色を合わせればどんな背景にも溶け込みます。

モデル
見本画像(足成さんの美しい画像)で、
髪の毛の切り抜きを試してみます。

モデルさんを切り抜いて、
景色に乗せてみますが、
毛のような細かい切り抜きが出来れば、
他の切り抜き作業も簡単に出来るようになります。

切り抜きツールだけでは、髪の毛の周囲が白く残るため、全体が浮いてしまいます・・・
フリンジが残るフリンジを取り除いた
更に細かい加工をすることで、切り残しを削除できます。

切り抜きツールの他にも、消しゴムやパスとチャンネルで被写体を切り抜けますし、
コピーツールでの補修も面白いですね。
最後の色補修で、背景に溶け込んだ画像が出来上がり。


MSとAdobeの旧グラフィックツールが無料化?

年末年始 お年し玉か!
あくまで、古いグラフィックソフトですが、無料化かも?

MSソフト

2012/12/20、Microsoft Corporationが提供する、
デザインツールのMicrosoft Expressionシリーズ再編を発表。

Webオーサリングツール「Expression Web」、
グラフィックツール「Expression Design」、
動画エンコードツール「Expression Encoder」らが開発中止。
Expression Web 4とExpression Design 4が無償公開され、無料でDL可能。
Expression Encoder 4 Proは、2013年も販売されるが、
Expression Encoder 4は、無料でDLできる。
Expression SuperPreview Remoteのベータ版は、2013/6/30までDL可能。

やはり、Adobeには対抗すらできずに惨敗だったようで・・・
何が良いのか?価値があるのか不明ですが、
無料という事であれば、価値があるかも?

Adobe CS2

ところが、2013/1/8、そのAdobeのCS2ですが、
CS2が無料化?という情報が駆け巡りました。

しかし、即時の追記では、無償化否定する見解が出されたようで、
旧正規ライセンス所有者へ、顧客支援の一環の措置として、

正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

と云うなんとも曖昧な流れ。
今までは、試用30日とか有効期限がありましたが、
今回は、DL&無料ライセンスを与え、誰でも利用できるようにしたのに、
ライセンス違反になるかも?とは・・・
犬の前に餌を置いて、食べるな!というような嫌がらせであって、
(いや、目の前の裸の美女にお預け喰らうような虐めかもw)

趣味でAdobeを使いたいが費用面で我慢していた個人ユーザーは黙っていないでしょう。
いや、黙って利用するでしょうw

旧ソフト(ツール)といっても最新はCS6ですから、数年前のCS2なら主要ツールとしてバリバリ使えますので、ノートPCなどのサブマシンに応急用にDLしておくのも良いかもしれませんね。

正規ユーザーにとっては年代遅れとはいえ、
無料化されると面白くないというか、優越感や価値観が無くなるのも事実。
いや待てよ、海賊版に手を焼いている両社、
あくまで、最新版だけをターゲットにする新手のマーケティングなのかな?


「Adobe Photoshop CS6」パブリックβ版をリリース

2012/3/22
「Adobe Photoshop CS6」パブリックβ版をリリース
あえて不吉な数字のバージョン13、コードネームSUPERSTITION

次期(最新版)Photoshop CS6の機能が搭載されて、
インストール時から60日間か5/31日まで試用可能。
製品版CS6の全ての機能を備え日本語も対応。


FC2ショッピングカートの画像

FC2ショッピングカート(無料版)で、かなりのカスタマイズが出来ました。
ただ、ちょっと残念なのが、
商品画像を登録すると、
ファイル〜_sという120x120のサムネイル画像が自動で生成され、
この画像が、商品一覧画面に自動表示されます。
ところが、
このサムネイル画像の画質がちょっと悪い・・・
容量も自分で縮小したサイズよりも3倍程度も大きくなるので、
中サイズ以下の画像を登録する場合には、サムネイル画像の意味が無い・・・
例: 120×120(4kb)の画像が → 120×120(13kb)になる

その為、商品一覧画面で、複数の画像を掲載すると重くなる。
詳細画像{ItemImg.img}は、原画像が設定されるので、問題は無いが、
商品一覧には、独自タグで詳細画像が設定出来ない・・・
詳細画面は、商品一覧からの次のステップ画面なので、
アクセスする人が少なく綺麗な画像を表示する意味が薄いw
※ ちなみに、全商品の縦横(幅×高さ)の画像サイズを統一すると綺麗に並びます。

他のショッピングカートASPよりも比較的自由度が高いFC2ですが、
この辺の痒いところに手が届かないので歯がゆい。
無料版では、メールにFC2のURLが表示されます。
有料版PROなら、このクレジット表示を削除できるようですが、
有料版PROプラン1は、750円/月(初期費用:2,500円)なので、
(カラーミー/おちゃのこ等と金額的には同等)
クレジット表示を無効にしたり、容量UPや独自ドメインを利用したいのなら
FC2以外のショッピングカートASPの方が良いかも知れません。
無料版のままとか、自由度や管理画面の簡易さ等ならFC2カートで良いでしょう。

残念ながら、1,000円前後でお勧めのショッピングカートASPは無いようですね。


カートの売切れ画像

ショッピングカートの売り切れ時(在庫が無くなった時)に、
「売切れ」「在庫なし」表示、注文ボタンが消えたりなど、
一般的な動作なので、自動で設定できますが、画像に細工をすれば便利です。

ただ、通常時の商品画像は削除せずに、
SOLD OUTの画像を自動で被せてみてはどうでしょう。
カートの売切れ画像
通常の販売時売切れ時

今回の案件は、カラーミーショップ プロで、
SOLD OUTの画像を商品毎に毎回変更するのではなく、
1枚のSOLD OUT画像を売切れ商品だけに被せて透過(IE6はハック対応・・・)


HTML5の新ロゴがSVG

アメフトのチームロゴかと思いきや、
W3CがHTML5の新ロゴを公開

HTML5の新ロゴ
HTML5_1Color_Black.svg

その話は置いといて、各ロゴ紹介欄をよーく見ると
ロゴ画像は、.png と .svg え!? GIFじゃなく、SVGじゃないですか!
HTML5だから、SVGも同時進行ですか。やっと、IE9にも導入するようですし。

SVGとは、XMLで記述されたベクターグラフィック言語 .xml
または、SVGで記述された画像フォーマット .svg

試しに、黒いHTML5のロゴ(HTML5_1Color_Black.svg)は、
SVGを<object>で挿入してみました。(IE8以前は未対応)
やはり、ズーム(Ctrl++)で超拡大してみると、線が美しすぎる。


光沢ボタン

メニューボタンを至急作ってくれとの事で、
光沢ボタン
とりあえず、ちょっと高級感ある光沢ボタンでどうでしょう?

もう少し文字にもシャドウを入れた方が、スッキリして良さそうですね。

続きを読む